カクバリズムのアーティストたち
  YOUR SONG IS GOOD
YOUR SONG IS GOOD

1998年1月結成。サイトウ"JxJx"ジュン(Organ/Vo/Leader)、ヨシザワ"モ~リス"マサトモ(Guitar)、シライシコウジ(Guitar)、ハットリ"ショ~ティ"ヤスヒコ(Trombone)、タカダ"ダ~タカ"ヒロユキ(Bass)、タナカ"ズィ~レイ"レイジからなる6人組。ファンキィかつルーディ、東京発カリブ経由(行ったことなし)な雑多的ダンスミュージックを無礼講に演奏中!

→YOUR SONG IS GOODのBLOGはコチラ
→YOUR SONG IS GOODのBBSはコチラ

DETAIL
 
  SAKEROCK
SAKEROCK

2000年結成。メンバーは星野源(guiter.marimba)、伊藤大地(drums.percussions)、浜野謙太(trombone.scat)の四人。様々な無駄な要素と踊れる感覚を多分に含んだストレンジ・インストゥルメンタル・グループ。センスが湯水のごとく溢れ出る!

→SAKEROCKのオフィシャルサイトはコチラ

 
 
  MU-STARS
MU-STARS

2003年結成の、鍵盤やサンプラー等を使ったLIVE SETも行う DJ/プロデューサーユニット。sarudog(曲作り担当)とタカ(あいづち担当)の二人組。
いままでに7インチ3枚と12インチ1枚、MIX CD3枚、フルアルバム2枚をいずれもカクバリズムから発表。いずれも各方面クリエーターから絶賛を受け、最新アルバム"BGM LP"はiTunes Music Storeヒップホップアルバムチャートにて、第3位を獲得。その後も長期に渡り、トップ10内をキープし、幅広い支持を獲得。
DJプレイは小箱から大型ライブハウス、ROCK IN JAPAN FESTIVAL等の野外フェスまで対応。
CM音楽、TVオープニングテーマ / ジングル、舞台音楽など幅広くこなし、様々なジャンルを巧みに取り入れるセンスと編集能力が魅力である。
昨年より「MU-STAR GROUP」として、ドラム、VJを入れたバンドセットも展開中。

→MU-STARSのオフィシャルサイトはコチラ
→MU-STARSのブログはコチラ

 
  キセル
キセル

辻村豪文と辻村友晴による兄弟ユニット。カセットMTR、リズムボックス、サンプラー、ミュージカル ソウ等を使用しつつ、浮遊感あふれる独自のファンタジックな音楽を展開中。これまで4枚のアルバムをスピードスターよりリリース。
2006年12月にカクバリズムに移籍し、「magic hour」、「凪」「SUKIMA MUSICS」のアルバムと10インチレコードやライブ会場限定のEPなど精力的にリリース。どの作品も多くの音楽好きを唸らす名盤となっており、ロングセラーを続けている。毎年の大型野外フェスへの出演や、フランス・韓国でのライブ、ジェシ・ハリスとの全国ツアー、年末恒例のワンマンライブをリキッドルームや赤坂ブリッツなどで行っている。また2013年6月1日には二人のかねてからの目標のひとつである日比谷野外大音楽堂でのライブを実施。チケットもSOLD OUTとなり、大盛況のうちに終了した。新作アルバムの完成も待ち遠しい素敵な2人組である。

→キセルのオフィシャルサイトはコチラ
→キセルのブログはコチラ

 
 
  イルリメ
イルリメ(鴨田潤)

2000年に自主リリースした1stアルバム『イるreメ短編座』が音楽ファンの間で広まり話題となる。2004年までに4枚のオリジナルアルバムを立て続けに発表、04年発売のアルバム「www.illreme.com」に於いてはミュージックマガジン誌『ロック(日本)』部門で年間ベスト アルバムに選出される。またジャンルを問わず様々なコラボレーションも精力的に行い、speedometer.とのユニットで「SPDILL/How to feel the empty hours?」、ECDとのユニットで「ECDイルリメ/2PAC」、二階堂和美の全作詞とプロデュースを担当した「二階堂和美のアルバム」を制作。07年、カクバリズム移籍後初となるフルアルバム『イルリメ・ア・ゴーゴー』をリリースし、「FUJIROCK」初出演。翌年にはフランス、ドイツ、ベルギーなどを回る初のヨーロッパツアーを敢行した。作品はその後も08年に「メイド・イン・ジャパニーズ」10年に「360°SOUNDS」をリリース。同時にCM音楽や作詞提供、REMIXと制作の幅を広げてゆく。08年より歌への傾倒からギター弾き語りライブを開始。11年、本名・鴨田潤名義で1stアルバム「一」をリリース。12年、TRAKS BOYSと組んだポップスバンド(((さらうんど)))の1stアルバム「(((さらうんど)))」。鴨田潤として初の長編小説「てんてんこまちが瞬かん速」(ぴあ)を発表。最新作は2013年7月発売、(((さらうんど)))の2ndアルバム「New Age」

→鴨田潤(イルリメ)のオフィシャルサイトはコチラ

 
  二階堂和美
二階堂和美

天真爛漫~自由奔放というイメージから神秘的、叙情的、そして狂気!な雰囲気までも併せ持つシンガー。これまでに単独作として10作品をリリース。客演も多数。優しくも力強い歌声と幅広い音楽性、絶妙なセンスと筋のある音楽スタンス、そして、明るく人懐っこい性格が世界各国、日本全国から愛されている。
聴けばわかるし、見れば伝わる。命が燃えているというか、音楽はこうやって人に伝わって行くんだなと心と体が認識するライブは必見。2011年7月にリリースしたオリジナルアルバム「にじみ」は全曲を作詞作曲し、二階堂和美のこれまでの活動の集大成といえる作品となり、全国各地で高い評価を得ている。近年はNHK「おかあさんといっしょ」や、小泉今日子さんのアルバムへの楽曲提供、地元の学園歌の作曲、2013年秋公開となるスタジオジブリ映画・高畑勲監督作品
『かぐや姫の物語』の主題歌に起用される等、活動の幅を更に広げている。 広島県在住。浄土真宗の僧侶でもある。

→二階堂和美のオフィシャルサイトはコチラ

 
  cero
cero セロ

Contemporary Exotica Rock Orchestra 略してcero(セロ)。
2004年に高城、荒内、柳で結成。2006年ごろからジオラマシーンとして活動する橋本が加入。様々な感情、情景を広く『エキゾチカ』と捉え、ポップミュージックへと昇華させる。2011年1月にリリースした1st album「WORLD RECORD」は各地で好評を博し、 現在もロングセールスを記録。2012年はFUJi ROCK FESTIVAL(2年連続!)、SWEET LOVE SHOWERなどの大型フェスへの出演、海外アーティストの来日サポートやクラブシーンでのライブなど、ジャンルレスに活動の場を広げ、 待望の2nd album「My Lost City」を2012年10月にリリース。 2012年を代表する1枚との呼び声も高く各地で大絶賛、大好評を呼んだ。2013年にはシングル『Yellow Magus』のリリース、翌年にはバンド初となる渋谷AXでの公演が控えており今後も目が離せない存在である。

→ceroのオフィシャルサイトはコチラ

 
  (((さらうんど)))
(((さらうんど)))

イルリメこと鴨田潤(Vo,Gt)、Traks BoysのCrystal(Key)、Kenya Koarata(PC,Drum Machine)の3人により結成されたポップスバンド。2010年夏にシングル、『サマータイマー』をフリーダウンロード配信し注目を集め、2012年3月、1stアルバム『(((さらうんど)))』を発表し話題となる。アナログ12インチでシングルカットした『空中分解するアイラビュー』(B面は砂原良徳氏のRemix)を経て、待望の2ndアルバム『New Age』を2013年7月17日リリース。

→(((さらうんど)))のオフィシャルサイトはコチラ
→(((さらうんど)))のオフィシャルFacebookはコチラ

→(((さらうんど)))のオフィシャルTwitterはコチラ

 
ページトップ